モバイルwifiルーターの比較

モバイルwifiルーターの比較・キャンペーンの選び方

モバイルルーターの端末の特徴、賢い使い方、キャンペーンの選び方などを経験談をまじえてまとめています。

SoftBankのモバイルルーター・ULTRA WIFI 4G 101SIをレビュー

読了までの目安時間:約 4分

SoftBankの「ULTRA WIFI 4G 101SI」の最大の売りは通信速度でしょう。
 
「SoftBank・4G」エリアでは、下り最大76Mbps、実測値でも20Mbpsを超える高速通信が可能な事もあるようです。

また、ULTRA WIFI 4G 101SIは、2つの回線を利用することができ、メイン回線にSoftBank4G、サブ回線にULTRA SPEEDとなっています。
 

ULTRA WIFI 4G 101SIを細かくレビュー

・特徴

<通信速度>

SoftBank 4G回線では下り最大76Mbpsで通常のSoftBank3G回線よりも、約10倍というスピードで通信ができます。また、サブエリアとなる「ULTRA SPEED回線」では下り最大42Mbpsの非常に高速な通信が可能です。
 
<エリア>

高速通信が可能なSoftBank 4G回線はまだ使えるエリア範囲が狭く
今年の末までに、全国政令指定都市人口カバー率99%を目標にしているに過ぎません。
 
通信規格は3G方式とAXGP方式を採用しているので、高速な通信ができるエリア外でも広範囲で電波を受信することができます。
 
<バッテリー性能>

内蔵バッテリーでは連続で約3.5時間と少し短めですが、付属品として4380mAhの大容量のモバイルバッテリーを同梱しているので併用すれば最大約9時間は連続で通信することができます。
 
ULTRA WIFI 4G 101SIのサイズはコンパクトで薄く、重さも105グラムほどしかなく、軽量小型で持ち運びに不便する事はありません。ただ、付属品のバッテリーを持ち歩くと場合、かさばります。
 
<料金>

携帯会社のSoftBankから提供されているためか、スマートフォンとセットでULTRA WIFI 4G 101SIを購入すると、割引になるキャンペーンもあります。これを、うまく使えば月額料金や4Gデータ通信の基本料を安く済ませることができます。
 
ただし、スマートフォンのパケット料金と、モバイルルーターの通信料金をダブルで払う必要があります。もし、「ULTRA WIFI 4G 101SI」を買うんでしたら、テザリングが可能なiPhone5などで一本化するのも1つの方法でしょう。
 
<利用制限>

モバイルWi-Fiルーターに付き物な速度制限ですが、ULTRA WIFI 4G 101SIの場合、1ヶ月の利用料が5Gバイトを越えると、請求月末まで送受信時最大128Kbpsの速度制限が掛けられることになります。
他社のモバイルルーターと比較しても、SoftBankの帯域制限・利用制限は厳しいのが現状です。
SoftBankのモバイルデータ通信の詳細はこちらにまとめています。
 

<デメリット>

・高速通信ができる半面、首都圏以外では電波状態が不安定になりやすいのがネックになります。
・通信料金が高い 各キャリアの料金・スペックの比較はこちらにまとめています。
・速度制限(帯域制限)が他社と比べて厳しい
・大容量のモバイルバッテリーを使うと連続使用時間(9時間)が長くなりますが
WiMAXEMOBILEのモバイルルーターは、付属のバッテリーなしで9時間~10時間は連続駆動が可能です。
 
首都圏在住者やヘビーに使わないというのであれば、ULTRA WIFI 4G 101SIは高速通信ができるので、非常に魅力的なモバイルWi-Fiルーターと言えるでしょう。


モバイルルーターを申し込む前に

WiMAX2


モバイルルーターのキャリアの中でWiMAX2とワイモバイルはプロバイダによってキャンペーンや月額料金に差があります。

WiMAX2の場合は、キャッシュバックやタブレットが無料等、ワイモバイルは月額を大幅に落としているプロバイダがあります。

WiMAX2、ワイモバイルどちらを契約するにしても、申し込むプロバイダのキャンペーンを事前に確認しておくと、失敗が少ないでしょう。


WiMAX2のプロバイダキャンペーン一覧表
ワイモバイルのプロバイダキャンペーン一覧表

 

この記事に関連する記事一覧

WiMAX2のキャンペーン
WiMAX2
キャンペーン情報・申し込み方法の比較
モバイルwifiルーターの選び方
人気モバイルルーターのレビュー
モバイルwifiルーター・豆知識
モバイルルーターのキャリア紹介
uroad
WiMAXのキャンペーン情報・速報
カテゴリー