モバイルwifiルーターの比較

モバイルwifiルーターの比較・キャンペーンの選び方

モバイルルーターの端末の特徴、賢い使い方、キャンペーンの選び方などを経験談をまじえてまとめています。

docomoのデータカード Wi-Fi STATION HW-02Gのレビュー

読了までの目安時間:約 5分

NTTドコモがLTE-Advancedの技術の一つとして提供を開始するキャリアアグリゲーション(CA)に対応する、もう一つの新モバイルルータがWi-Fi STATION HW-02Gです。こちらの製品も、下り最大225Mbpsの通信に対応しています。
 
対応するLTEの周波数帯は、800MHz、1.5GHz、1.7GHz、2GHzの4つで、CAで最高225Mbpsでの通信に対応可能な組み合わせは
「800MHz+1.7GHz」「1.5GHz+2GHz」となります。
 
本体のサイズは58mm x 95mm x 14.2mmとコンパクト。重さは130gとなっています。
バッテリー容量は2400mAhで、連続使用時間は3G回線使用時には約8時間、LTE回線では約9時間、LTE回線でCAを利用できる場合には約8時間となります。
 
同時に接続可能な台数は、本体のみで使用する際には最大10台、クレイドルを併用する際には20台までの接続が可能です。
 

スピード

ドコモのLTE回線では800MHz帯が10MHz幅、1.5GHz帯、2GHz帯が15MHz幅、1.7GHz帯は20MHz幅の通信を行っています。
 
HW-02Gなどでの最大225Mbpsの通信速度は、これら周波数帯をキャリアアグリゲーションで束ねるにことより、合計30MHz幅の帯域を利用することで行われます。
 
東名阪地区では800MHz+1.7GHz帯を利用するパターン、その他地域では1.5GHz+2GHz帯を利用するパターンでサービスが行われるとされています。上りの通信速度は、最大50Mbpsとなります。
 
また、CAが利用できないケースでの最大転送速度は150Mbpsとなります。
 

バッテリーは据え置きでの利用も考慮

大容量バッテリーを内蔵してバッテリーでの運用を重視したL-01Gとは異なり、HW-02Gではバッテリーの容量を少なめとして充電機能、有線LANポート、Wi-Fiの電波出力のアップ機能などのついたクレイドルを付属することで、家庭などでの据え置きでの利用を考慮する製品となっています。
 
外出先でのバッテリーでの利用の際の機能にも抜かりはなく、スマートフォンのアプリから端末をスリープ状態から復帰させることも可能です。
 
端末には2.4インチのタッチパネルつきのディスプレイが搭載されていますが、ここに専用のQRコードを表示させてそれをスマートフォンなどで読み取ることにより、接続操作を簡略化する便利な機能も搭載されています。
 

端末価格・利用料金

ドコモのWebショップでの本体価格は18,144円。
24回の分割払いとして月々サポートを利用する場合には、実質負担額は0円となります。
 
1台目として利用する場合には、2年契約の場合、基本利用料が1200円、ドコモの提供するプロバイダサービスのmoperaU利用料として200円、それに加えてパケット利用料という形になります。パケットパックは2GBで3500円、5GBで5000円、7GBで6700円です。
 
1台目のスマートフォンなどをドコモの新料金プランで利用している場合には、基本利用料1200円+moperaU200円+シェアオプションの500円の、計1900円で利用可能となります。

docomoのデータカード Wi-Fi STATION L-01Gのレビュー

読了までの目安時間:約 5分

Wi-Fi STATION L-01Gは、NTTドコモがLTE-Advancedの技術の一つとして提供を開始するキャリアアグリゲーション(CA)に対応するモバイルルータで、下り最大225Mbpsの通信に対応しています。
 
対応するLTEの周波数帯は、800MHz、1.5GHz、1.7GHz、2GHzの4つで、CAで対応可能な組み合わせは「800MHz+1.7GHz」1.5GHz+2GHz」となります。
 
また、中国で導入が進んでいるTD-LTE方式にも対応しており、国際ローミングサービスによって、中国の一部エリアでは高速データ通信が利用できます。
 
本体のサイズは106.8mm x 65mm x 20.4mm、重さは約195gと、最近のモバイルルータとしては大きめ・重めとなっています。
 
LAN側の無線LAN規格はIEEE802.11acにも対応しており、2x2 MIMOをサポート。電波干渉の少ない5GHz帯も利用可能となっています。同時接続可能な台数は10台です。
 
本体が大きめの分、バッテリー容量は4880mAhと大容量。
発売前のためか、まだ連続使用時間の方は公開されていませんが、かなり長時間の通信が可能になると思われます。
 

スピード

ドコモのLTEでは800MHz帯が10MHz幅、1.5GHz帯、2GHz帯が15MHz幅、1.7GHz帯は20MHz幅の通信を行っていますが、最大225Mbpsの通信速度は、これら周波数帯をキャリアアグリゲーションで束ねることにより、合計30MHz幅の帯域を利用することで行われます。
 
東名阪地区では800MHz+1.7GHz帯を利用するパターン、その他地域では1.5GHz+2GHz帯を利用するパターンでサービスが行われるとされています。
 
上りの通信速度は、最大50Mbpsとなります。
 

バッテリー性能

4800mAhの大容量のバッテリーを搭載して、スマートフォンとUSBケーブルで接続することにより、スマートフォン側の充電を行う機能も搭載しています。
 
厚さも20mmあり、重量も200g近いため、胸ポケットに入れておくには少々かさばるかもしれません。
 
その代わりと言ってはなんですが、本来バッテリーの消耗が激しくなるはずのLTEのCAでの通信においても、従来機種と同等の電池持ちを実現するとされています。また、Wi-Fi STATION L-01Gには充電用クレイドルが付属しません。
 
同時発売となるWi-Fi STATION HW-02Gでは、自宅での使用を想定して内蔵バッテリー容量を減らす代わりに充電クレイドルが付属しますが、
 
Wi-Fi STATION L-01Gではクレイドルが付属しなくなった代わりに内蔵バッテリーの容量が増えて、外出先の電源の取れない場所での通信時間を重視した作りとなっています。
 

3インチ液晶+タッチパネル搭載

3インチの320x240ドットのタッチパネルつきのディスプレイを搭載しており、各種設定はタッチ操作で行うことが出来ます。
 

利用料金

本体価格は実質負担額が1万円台半ばになるとされています。
 
1台目として利用する場合には、2年契約の場合、基本利用料が1200円、ドコモの提供するインターネット接続サービスのmoperaU利用料として200円、それに加えてパケット利用料という形になります。パケットパックは2GBで3500円、5GBで5000円、7GBで6700円です。
 
1台目のスマートフォンなどをドコモの新料金プランで利用している場合には、基本利用料1200円+moperaU200円+シェアオプションの500円の、計1900円で利用可能となります。
 
端末代金を分割払いとする場合には、これらに分割代金がプラスされます。

XiのL-04DをL-09Cと比較しながらレビュー 

読了までの目安時間:約 4分

 
このページではXiの最新モバイルルーターであるL-04Dを、前作のL-09Cと比較してレビューしていきます。
 
Xi対応のモバイルルーター「L-04D」は、LGエレクトロニクス製です。
 
また、モバイルルーターの売上ランキングのトップ10常連です。 XiのL-04DをL-09Cと比較しながらレビュー の続きを読む »»

docomoのXiを徹底レビュー|Xiはどういう人に向いているの?

読了までの目安時間:約 8分

スマートフォンではiPhone5に話題と、顧客をさらわれて散々な目にあっているdocomoですが、データ通信のXiの方は、快調で契約者数をどんどん増やしているようです。
 
このページでは、docomoのXiのデータ通信(モバイルwifiルーター)の特徴をどういう人に向いているかという視点からまとめています。 docomoのXiを徹底レビュー|Xiはどういう人に向いているの?の続きを読む »»

WiMAX2のキャンペーン
WiMAX2
キャンペーン情報・申し込み方法の比較
モバイルwifiルーターの選び方
人気モバイルルーターのレビュー
モバイルwifiルーター・豆知識
モバイルルーターのキャリア紹介
uroad
WiMAXのキャンペーン情報・速報
カテゴリー