モバイルwifiルーターの比較

モバイルwifiルーターの比較・キャンペーンの選び方

モバイルルーターの端末の特徴、賢い使い方、キャンペーンの選び方などを経験談をまじえてまとめています。

モバイルwifiルーターのメリットとデメリットまとめ

読了までの目安時間:約 12分

初回公開日:2012年9月19日
最終更新日:2014年10月5日
 
WiMAXが6月に携帯キャリアも含めて、利用者の純増数で1位になりました。さらに現在は400万契約を突破するなど、WiFiルーター業界はにわかに活気付いているように見えます。
 
Wi-Fiルーター利用者がここまで増えてきたのには理由があります。
 
と言う事で、モバイルwifiルーターに切り替えようか悩んでいる人向けに、スマートフォンのパケット通信や、フレッツ光などの固定回線と比較したモバイルwifiルーターのメリットデメリットをまとめてみます。
 
※ちなみにモバイルルーターとWiFiルーターは同じ意味ですのであまり気にせずに読んでみて下さい。
 
目次


 

モバイルwifiルーターのメリット

UQ WiMAX調べによると、モバイルルーター使い始めた理由は、上から順番に以下の通りのようです。私自身も、モバイルルーターを利用していて感じるメリットはこんなところだと思います。

 


 
個人的には上の3つが大きかったかなと感じています。
特に1ヶ月にかかるインターネットの通信費は大幅に落とす事ができました。
 
これだけで終わってしまってはブログにする意味がないので

スマートフォンのパケット通信
インターネット固定回線
とモバイルルーターを比較してメリット・デメリットを検証してみます。
 

パケット通信とモバイルルーターを比べると

モバイルルーターのメリット

まず前提としてモバイルルーター代表として、WiMAX2を例に出していきます。モバイルルーターの中でWiMAX2が最もコストパフォーマンスがいい事と私が使っているため比較しやすいためです。
 

1、データ通信料金が安くなる

まず月々の利用料金ですが、携帯キャリアのパケット使い放題プランに比べて、WiMAX2を利用した方が月額利用料が安くなります。
 
料金が実際にどれくらい安くなるかは下の記事を参考にしてみてください。
モバイルwifiルーターを使うとインターネット料金を実際にいくら節約できるのか?
 
また、WiMAX2は申し込む時にキャッシュバックやタブレットが無料になるキャンペーンを行っている事が多いため、それを上手に使えばさらに料金を落として使う事ができます。現在のWiMAX2キャンペーン状況
 

2、通信の速度が上がる(ほぼ確実)

携帯キャリアの3G回線に比べるとモバイルルーターの通信速度は格段に早いです。LTE(下り75Mbps)と比較してもWiMAX2の下りは110Mbpsありあますので一回り上です。
 
また、モバイルルーターはインターネット接続専用に作られた端末ですので、スマホ(特にテザリング)と比べるとインターネットの安定性がよく、動画の再生時や、SkypeやLineなど無料通話アプリを使った際の通話品質もいいです。あくまで私が利用した感想にはなりますが。
 

3、速度制限がない

これはモバイルルーターの中でもWiMAX2に限った事ですが、インターネットをいくら使ってもスピード制限をかけられる事がありません。
 
スマホのパケットの場合は、契約にもよりますが月間3~7GBで速度制限がかかり、通常通り利用するには2GBあたり2,500円(税抜き)を支払う必要があります。
 
テザリングで複数端末に接続している方や、自宅の回線として利用するなどデータ通信量が多い方にとっては速度制限の有無は死活問題になります。
 

モバイルルーターのデメリット

1、通信可能エリアが限定される

モバイルwifiルーターの通信可能なエリアは、携帯キャリアの3G回線に比べて狭いため、確認をしないと田舎や出張時に使えないという事が起こります。
 
ただし、WiMAX2の場合はauのLTEエリア、au Wi-Fi spotの両方を利用する事ができますので、3Gほどの広さはありませんがエリアに関してはそこまでナーバスになる事はないかなと思います。
 
モバイルルーターのエリア比較
 

2、電源のON、OFFをする手間がかかる

スマートフォンを利用する際に、3G(LTE)に接続していればLineやメールが来たらすぐに見られますし、ネットに接続したい時はSafariなどのブラウザを開けばすぐ見ることができます。
 
対してモバイルwifiルーターの場合、バッテリー節約のために、ネットを使わない時は電源をOFFにするのが一般的です。電源OFFの状態から、インターネットに接続するまでに最近はだいぶ早くなりましたがそれでも10秒程度はかかります。
 
WiMAXやEMOBILEなどの機種はバッテリーが強かったり、節電モードを搭載しているので、多少便利になりましたが、スマートフォンのパケットに慣れた方だと若干手間になると思います。
 
WiMAX2のモバイルルーターレビュー
イーモバイルのモバイルルーターレビュー
 

インターネット固定回線とモバイルルーターを比較すると

メリット

1、外出先でインターネットをする事ができる

固定回線に対する、モバイルルーターの最大のメリットがこれでしょう。
モバイルルーターの電波さえ入れば、駅だろうが、カフェだろうが、公園だろうがどこでもインターネットに接続ができます。
 

2、通信料金が安くなる

これはスマートフォンのパケットと同じです。
パケット通信とインターネット固定回線を、モバイルwifiルーターに一本化すればさらに威力を発揮します。
 
実際にどれくらい下がるのかは
モバイルwifiルーターを使うとインターネット料金を実際にいくら節約できるのか?
 

3、工事不要でインターネット接続ができる

読んで字の如しですが、モバイルルーターはフレッツ光などのように家を工事する必要がありません。
 
また、面倒な手続きもなく端末が届けば10分かからず接続が完了するため、スポット的な話ですが、引越しの時などインターネットを切り替える際にネットが使えないタイミングが出ないなどは大きなメリットでしょう。
 

デメリット

通信のスピードと安定性

インターネットのスピードには、下り(ダウンロード)、上り(アップロード)の2種類があります。
 
下り(ダウンロード)のスピードは、モバイルwifiルーターもフレッツ光もそこまで差は出ません。特にメールの送受信や、ネットサーフィン、Youtubeくらいの動画なら、体感でスピードの差は感じません。
 
特に最近のモバイルルーターは下り最大100Mbps超のスペックですので、光回線と比べても大差がありません。
 

差を感じるところは

上り(アップロード)のスピードと安定性です。
 
まず、上りのスピードですが、
仕事などで重いファイルを送信する際や、写真や動画などをアップロードする際は体感速度で差を感じます。
 
安定性に関しては
WiFiルーターも最近は、突然通信が途切れるような事はほとんどなくなりましたが、フレッツのような固定回線と比べるとまだ安定性には問題があるように個人的には感じます。
 

モバイルwifiルーターはこういう人向け

モバイルwifiルーターに切り替えた方がいい人の典型は、(一人暮らしで)スマートフォンとPCなど複数の端末を複数のネット回線で利用している人です。
 
理由は、通信費を節約できて、かつ外でもインターネットができるようになり、さらにスマートフォンやPCのネット回線を同時にまかなう事が出来るため変えない理由がない状態です。
 

モバイルルーター導入前の注意点

ただし、モバイルルーターを利用する時に気をつけたい事はエリアの問題は当たり前として自分のインターネットの使い方です。
 
まずパソコンやタブレット、ゲームなど複数端末に接続する方はデータ通信量が大きくなりますので、通信量の制限がないWiMAX2以外では厳しいでしょう。
 
モバイルルーターはスマートフォンの3GやLTEに比べれば、スピードも速く快適に利用できます。ただし、フレッツ光のような固定回線に比べるとパフォーマンスが落ちるのも事実です。
 
Webページの閲覧や、軽い動画を見る程度なら特にストレスなく利用できますが、2時間モノの映画のダウンロードなどをする場合はさすがに固定回線にはかないません。また、仕事などで重いファイルや、大量の写真、画像などを送受信する必要がある人にも向きません。
 
wifiルーターの弱点をしっかり理解した上で、自分の使い方に合うか確認してから利用しましょう。モバイルwifiルーターのキャリアは4社(2014年現在は3社)ありますので、その選び方はこちらを参考にしてみてください。
 
モバイルwifiルーターのキャリアの選び方

モバイルwifiルーターのキャリアの選び方

読了までの目安時間:約 8分

初回公開日:2012年9月11日
最終更新日:2014年10月5日
 
モバイルwifiルーターを選ぶ際に、一番重要なポイントがどのキャリア(通信会社)を選ぶかでしょう。
 
2014年現在、wifiルーターのキャリア(通信会社)は、WiMAX、EMOBILE(現ワイモバイル)、docomoの3社です。SoftBankとEMOBILEは2014年8月に統合しワイモバイルに変わっています。
 
3キャリアともそれぞれ長所、短所がありますが、どのキャリアが一般的な人にはいちばん安く快適に使えるのでしょうか?
 
結論からいくと
自分が使う場所が、WiMAXの通信可能エリア内ならWiMAX、WiMAXが圏外ならば、EMOBILEかdocomoのXiという選び方がいいでしょう。
 
その理由と、自分に合ったキャリアの選び方を以下の順番でまとめていきます。
 


 

通信可能なエリアの広さにこだわるなら

単純なエリアの広さで選ぶなら、docomoがNo1でしょう。
 
docomoのWi-fiルーターは2つの回線を利用することができます。高速通信が可能なXi回線(LTE)と、スピードは遅いが人口カバー率100%と言われるFOMA回線です。Xi回線が圏外になると自動でFOMA回線に接続します。
 
エリアの広さではドコモの後塵を拝しますが、WiMAX2という選択もありでしょう。WiMAX2回線自体はまださほど広くありませんが、サブエリアにWiMAXとau LTEエリアが利用できるためよほど地方に行かない限り利用できないケースはあまりありません。
 
エリア重視の方はドコモを第一候補に考え、第2候補として料金や速度制限でメリットがあるWiMAX2を検討してみるといいかなと思います。
 

料金・キャンペーンで選ぶなら

料金・キャンペーンで選ぶならWiMAX2でしょう
 

キャリア
初期費用
月額
契約期間
キャンペーン
WiMAX23,000円+端末料金3,696円2年キャッシュバック
タブレット無料
月額割引
端末無料等
ワイモバイル3,000円+端末料金3,696円2年キャッシュバック
月額割引
端末無料等
ドコモ3,000円+端末料金5,700円2年月額割引
(2014年8月末で終了)
端末無料

 
表を見るとわかりますが、WiMAX2とワイモバイルの月額は同じですが、キャンペーン内容はキャッシュバック金額、タブレット無料などWiMAX2がワイモバイル、ドコモの追随を許さない状況です。
 
WiMAX2のキャンペーン状況
ワイモバイルのキャンペーン状況
 
対してドコモは、月額割引のプラスクロッシー割が8月末で終了し、キャンペーンもこれといったものがないため料金勝負では勝ち目なしの状況です。
 

利用制限・帯域制限は必ずチェック

WiMAX以外のキャリアは、帯域制限・利用制限を設けています。
帯域制限・利用制限はデータ通信使い放題のプランであってもかかるので注意が必要です。
 

各通信キャリアの帯域制限・利用制限


ドコモ、ワイモバイルいずれも月間7GB以上の利用で通信速度を下り最大128kbpsに制限されます。どちらもメインエリアとサブエリアの合計で7GBを超えたところで速度制限となり、制限期間は当月末までとなります。
 
速度制限を解除するには、追加2GBあたり、2,500円がかかります。
 
また、ワイモバイルのAXGP(メイン回線)は7GB制限とは別に3日間で1GBの利用、LTEは1日で0.366GBの利用で制限がかかります。期間は当日21時から翌日26時(2時)までの間です。

 
youtubeなどの動画を毎日見る、PC,スマートフォンなど複数端末につないでインターネットをガンガン使うなど、利用量を気にせずインターネット通信をしたい方は、帯域(速度)制限のないWiMAX2の1択になります。
 
ちなみに利用制限の基準となる7GBは、1日当たりWebサイトを2時間見て、動画を20分くらい見ると越えます。
 

まとめ・自分に合ったキャリアはどこ?

モバイルwifiルーターのキャリアを選ぶ時に、真っ先に確認したいポイントは、自分が利用する場所で電波が入るかどうかです。
 
電波さえ入れば自分の重視するポイントでいちばんのキャリアを選べばいいかと思いますが、私個人としては電波が入るのであれば、WiMAX2がいちばんいいと思います。
理由は以下の通りです。
 
・通信速度はドコモ、ワイモバイルと同じかそれ以上
・データ通信の利用量に制限がない
・月額利用料が最安値
・申し込み時のキャンペーンがいい
 
特に、キャンペーンに関しては前述したとおり、キャッシュバックやタブレットをもらえるなどドコモ、ワイモバイルと比べると抜けて充実しています。WiMAX2のキャンペーン内容
 

ドコモ、ワイモバイルに向いている人

ドコモを利用したほうがいい人

・自分が主に利用する場所でWiMAXが圏外(地方や田舎で使う機会が多い人)
 
・既にdocomoのスマートフォンやタブレット端末を利用している人
プラスXi割が適用になり、5985円+315円→3,980円+315円(プロバイダ料金)で利用できます。
プラスクロッシー割は8月末で終了となっています
 
・電車などの高速移動中のネット接続にこだわる人
 
docomo・Xiのレビューはこちらにまとめています。
 

ワイモバイルを利用したほうがいい人

・それほどインターネットをしない人
→帯域制限(1日300万パケット以上で制限の可能性あり、月間利用量の上限は現在はナシ)がありますが、基本料金が安いため。
 
ワイモバイル(イーモバイル)はWiMAX2やdocomoと比べるとそれといったメリットや特徴がないのですが、実は意外に売れています。
 
Ymobileのレビューはこちらにまとめています。
 

モバイルwifiルーターの選び方|失敗しないために必ずチェックしたい5つのポイント

読了までの目安時間:約 8分

初回公開日:2012年9月7日
最終更新日:2015年1月5日
 

wifiルーターを選ぶ時に、必ずチェックしたい5つのポイント

Beautiful young business woman
モバイルwifiルーターは、最悪のケースですといちばん使う場所が圏外だという事もあり得ますし、例えばWiMAX2やワイモバイル(ポケットWiFi)ですと、同じ回線(サービス)なのにキャンペーン特典に差があり利用料金が高くついてしまったという事が起こります。
 
そういった失敗をしないために、モバイルwifiルーターを契約する前に必ず確認しておきたい5つのポイントをまとめました。
 
5つのポイントは以下の通りです。
一般的には上から順番に重要度が高いです。


利用料金に関しては、WiMAX2、ワイモバイルに関しては申し込み先(プロバイダ)によって月額料金やキャンペーン料金に大きな差があります。キャンペーン特典や各プロバイダの料金等が気になる方はこちらを参考にしてみて下さい。
 
WiMAX2のプロバイダとキャンペーン一覧表
ポケットWiFi(ワイモバイル)のプロバイダとキャンペーン一覧表
 
それではこの5つのポイントのチェックの仕方を順番に詳しく見ていきます。
少し長いので自分がこだわるポイントだけ流し読みするなどして、参考にして見て下さい。
 

1、通信可能エリア

モバイルwifiルーターを選ぶ際に一番重要なのが、通信可能エリアでしょう。
 
モバイルwifiルーターのキャリアは、WiMAX・EMOBILE・docomoと現在は3社ですが、それぞれ通信可能エリアには差があります。
 
一般的に言われているのは高速通信可能なエリアの広さはWiMAXがNo1、通信可能エリア(人口カバー率)でいちばん広いのはdocomoです。その中間がEMOBILEと言ったところでしょうか。
 
自分がよく使う場所で電波が入るかチェックする方法は、それぞれのキャリアのHPで通信可能エリアが確認できます。例えば、WiMAXなどは住所を打ち込んでピンポイントに確認ができます。
http://www.uqwimax.jp/service/area/
 
それでも納得いかない方は、レンタルや無料お試しができるキャリアもありますので利用してみるといいでしょう。
 

2、料金

モバイルwifiルーターの料金を見る際のポイントは3つです。
 
1、初期費用(ルーター端末料金、事務手数料、キャンペーンなど)
2、月々の利用料
3、契約期間と契約期間内に解約した場合の手数料
 

1、初期費用について

まず、初期費用ですがこれはWiMAX2、ポケットWiFi(ワイモバイル)などはプロバイダのキャンペーンを利用する事でゼロにできます。特にWiMAX2はキャンペーンが厚く、端末料金無料+キャッシュバックを行っているMVNO(プロバイダ)もあります。
 
また、ポケットWiFiはキャッシュバック等がほとんどない代わりに、月額を2,000円代後半で利用できるYahoo WiFiなどが出てきており、以前よりも安い料金で利用する選択肢が増えました。
 
WiMAX2のキャンペーン状況
ポケットWiFiのキャンペーン状況
 

2、月々の料金について

どのキャリアも、データ使い放題と利用料に応じた従量課金型のプランがありますが、普通に利用していると従量課金の上限はいってしまうのでデータ使い放題を契約する人が多いです。
 
データ使い放題プランの各キャリアの料金は以下の通りです。
ただし、前述したとおりWiMAX2とポケットWiFi(ワイモバイル)は利用するプロバイダによって月額に差があります。

キャリア WiMAX2 ポケットWiFi docomo・Xi SoftBank
月額料金 3,695円 3,695円 6,300円 サービス終了
契約期間 2年 2年 2年 サービス終了
解約手数料 1年目:19,000円
2年目:14,000円
38,400~
12,800円
26,800円~
9,975円
現在サービス終了

 
月額料金はWiMAXとポケットWiFiの3,695円がいちばん安く、契約期間の縛りは全てのキャリアが2年となっていますので、料金と契約期間からモバイルルーターを選ぶ場合、キャンペーンが強力なWiMAX2がベストでしょう。
 
docomoのXiは、docomoの端末を2回線持っていることを条件に、
月額利用料を3,980円+315円まで安くできたのですが現在このキャンペーンは終了しています。
 

3、モバイルwifiルーターの端末をチェック

この記事を書いた当初(3年前)は、モバイルwifiルーターの端末をチェックする際に、バッテリーはとても重要な要素だったのですが、2015年現在はどのキャリアのモバイルルーターも1日フルに利用してもバッテリーが持つように設計されています。
 
ですので、現在はそこまでバッテリー性能にこだわる必要はないかと思いますが、
敢えて言うのであれば、WiMAX2のモバイルルーターの性能がいいです。
 
理由としては、通常のWi-Fi通信モードに加えて、Wi-FiのみONにしておける節電モードを2種類搭載しており、状況に応じてモードの切り替えをする事ができるためです。
 
WiMAX2のルーター情報はこちらにまとめています。
 

連続接続時間8時間以上あれば合格点

GL04Pのイメージ

1日中外で利用することを考えている人は、連続接続時間が8時間以上のルーターを選ぶといいでしょう。
 
その他の性能でチェックするポイントは、サイズや重さ、液晶画面の有無など使い勝手の面ですが、現在のモバイルwifiルーターではそれほど差が出ないのであまり気にしなくてもいいと思います。
 
※画像はEMOBILEのGL04P 連続接続時間9時間
 

4、速度制限について

データ通信の利用量は、複数端末で利用する人や、自宅のPC回線に接続する人、動画などをよく見る人などヘビーユーザーには重要なチェックポイントになります。
 
現在はWiMAX2以外は、データ使い放題プランを契約していても一定期間に一定量以上のデータ通信を行うと、通信速度が制限されるなどのペナルティー(利用制限、帯域制限)が課されます。
 
利用制限も帯域制限も基本的には同じで、通信速度が大幅に制限される(下り128Kbps)と考えてください。ちなみに、下り128Kbpsは理論値で通常時の約1/860のすぴーどになり、スマートフォンのパケット通信より全然遅いです。
 
利用制限なくモバイルwifiルーターでデータ通信をしたいという方は
WiMAX2一択になります。

 
WiMAX2のルーター
WiMAX2のキャンペーンと料金
 

5、通信速度

通信速度は各社、最大~Mbpsと宣伝にいちばん使われるポイントです。
ただし、結論から言えば通信速度の理論値は3キャリアともそれほど差が出ないため、後回しでいいと個人的には思います。
 
その理由は2つあります。
 

1つ目は、各キャリアが発表しているスピードと実際のスピードは全く異なる


例えば、各キャリアの理論上の最大速度は以下の通りです。

WiMAX2 ポケットWiFi(AXGP) docomo Xi SoftBank 4G
下り最大 110Mbps 110Mbps 112.5Mbps
(75Mbps)
サービス終了
上り最大 10Mbps 25Mbps 25Mbps サービス終了

 
実際の速度は、場所や、回線の混雑状況にもよりますが
4キャリアとも都心部なら20Mbps前後のスピードか場合によってはそれ以上出る事が多いです。
 

5Mbps出れば体感速度に差はほとんどない

2つ目は、Webサイトの閲覧や、Youtube程度の動画を見るのであれば
5Mbps以上のスピードが出ていれば、体感速度に差はほとんどでません。
 
むしろ、重要になるのは通信回線のスピードより安定性になります。
通信回線の安定性は、場所や回線の混雑状況、その他の要因によって大きく変わりますので、使ってみないとわからないというのが現実です。
 

WiMAX2が安定していると言われる理由

ただし、現在はWiMAX2が最も安定性が良く、ドコモとポケットWiFiがやや厳しいかなと言う印象を持っています。
 
理由として、ポケットWiFiの110Mbpsの回線は元SoftBankの回線ですが、
これは瞬間最大速度は早いですが、私が使った感じではエリア内でも突然圏外になったりとムラが大きいです。
 
また、ドコモはインターネット回線と一緒に、電話の音声も通していますので、
例えば休日や夕方~夜にかけてなど電話の利用者が増えるとインターネットの帯域が圧迫されてスピードが落ちる傾向にあります。
 
ドコモの場合は利用者が多いためこれは避けて通れない道です。
対してWiMAX2は音声のサービスを持っていないため、ドコモやポケットWiFiに比べて帯域(電波が通る道)に余裕があるため、時間帯によって速度や接続状況が不安定になりにくいと言われています。

WiMAX2のキャンペーン
WiMAX2
キャンペーン情報・申し込み方法の比較
モバイルwifiルーターの選び方
人気モバイルルーターのレビュー
モバイルwifiルーター・豆知識
モバイルルーターのキャリア紹介
uroad
WiMAXのキャンペーン情報・速報
カテゴリー