モバイルwifiルーターの比較

モバイルwifiルーターの比較・キャンペーンの選び方

モバイルルーターの端末の特徴、賢い使い方、キャンペーンの選び方などを経験談をまじえてまとめています。

W03の評判、スペックを実際に使ってみた感想を交えて検証

読了までの目安時間:約 8分

WiMAXで契約をすると複数の端末から使いたいものを選ぶことができます。現在出ている端末の中で、特に注目を集めているのが2016年7月に発売されたファーウェイ製のW03です。
 
「デザインが好き」「色がいい」という声もありますが、気になるのはスペックと利用者の声。まずはここを調べてからでないと手を出しにくいですよね。気になるW03の評判とスペックを調べてみました。
 

W03のスペック、利用可能エリア

W03はオレンジとホワイトの2色。
 
サイズはW120×H62×D11.4mm、重さは約127gです。iPhoneのSEが123.8mm×58.6mm×7.6mm 113gなので、iPhoneのSEを少し縦長にしたサイズ、とイメージすると分かりやすいのではないでしょうか。持ち歩きには全く不便しない大きさです。
 
W03のバッテリー容量は3,000mAhあり、WiMAX 2+利用時なら約570分(9時間以上)の連続通信が可能。バッテリーの持ちもじゅうぶんであると言えます。
 
W03はWiMAX 2+のほかにハイスピードプラスエリアモードに切り替えることでauの4G LTE網を使っての通信も可能です。
 
またWiMAX 2+とauの4G LTEを使い、3つの周波数を束ねて受信する最高速度370Mbpsでの通信が可能になったのが、このW03です。ただし370Mbpsで使うことができるエリアは渋谷駅前から順次拡大中であり、誰もが実感できるわけではありません。
 
またハイスピードプラスエリアモードでの接続でなければ370Mbpsで使うことができませんが、ハイスピードプラスエリアモードで使うためには月額1,005円のオプション料金の支払いが必要です。
 
さらにWiMAX2+での接続ならば通信量の上限はありませんが、ハイスピードプラスエリアモードでの接続は月間7GBまでと制限があり、7GBを超えると速度制限が実施されます。
 
ただしタッチパネルに3日間と1ヶ月間の通信量が表示され、一定量の使用で警告が出るように設定することが可能なため、「気づいたら速度制限がかかっていた」という事態を避けることが可能です。
 
ほかにW03の注目ポイントは、スマホをかざすだけでスマホにルーターの設定ができ、パスワードの入力をしなくてもWi-Fi接続ができるほか、スマホにアプリを入れることで、スマホから遠隔操作が可能です。

W03に関する評判

実際にW03を使っている人の声を集めてみました。
 
W03は大きな液晶画面が付いているので表示が見やすく、さらにタッチパネルで操作できるため使いやすい、感覚的に操作できる、と操作面で高評価を集めています。また立ち上がりが早いという点も使いやすい端末として評価を押し上げています。
 
一方大きさについては、厚みはそれほど無いけれど高さがあるため、バッグに入れる分には良いけれど胸ポケットに入れにくいという声がありました。お尻のポケットに入れているとスマホと間違えてしまうこともあるそう。
 
また同じWiMAXでNEC製の端末を使い圏外だった人が、W03に交換したところしっかり電波が入るようになったという声や、HWD15からW03に交換したら速度が上がった、HWD15よりも電波の入りが良いという声もありました。地下鉄や建物内では電波の入りの悪さを感じる、という声もありますが、これは端末の問題というよりもWiMAX2+の電波の質の問題であるため、仕方がないといえます。
 
電池の持ちも良く、スマホから操作できるので便利だという感想など、利用者の満足度は高いようです。W03はオレンジとホワイトの2色です。オレンジは目立つので鞄の中で探しやすくて良い、というレビューと、ホワイトはデザイン的には問題ないが、液晶画面が白地に緑の文字なので見辛いという声がありました。

WX02との比較

W03の前モデルW02と比較してみると、何より電池の持ちが各段にアップしていることに気づきます。
 
W02のバッテリーは2300mAh。WiMAX 2+接続時の連続通信時間は約390分でした。ところがW03になるとバッテリーが3,000mAh、WiMAX 2+接続時の連続通信時間が約570分と3時間も長く使えるようになっているのです。
 
重さが10g程度重くなっていますが、サイズはほとんど変わらず、3時間も長く使えるようになっていることを考えると、素晴らしいバージョンアップだと言えます。
 
またW03はWiMAX 2+とauの4F LTEを使い370Mbpsでの通信が可能になっていますが、この機能が使えるエリアは渋谷駅前から順次拡大中であり、その恩恵に与ることができるユーザーがまだ少ないというのが実情です。
 
しかしこの370Mbpsで利用可能という機能を度外視しても、W02と比べて非常に魅力が増した端末だといえるでしょう。

筆者が考える W03は個人的に買いか否か

筆者は現在WiMAXのnad11という古いNEC製の端末を使っています。そろそろ2年の契約更新月を迎えるため、真剣に次の接続先と端末を検討中なのですが、W03はズバリ「買い」だと言えます!
 
その理由はタッチパネルで操作できる操作性の高さと、スマホアプリから操作できるという便利さ。そして「W03に交換したら電波の入りが良くなった」というユーザーレビューが多いことです。
 
また連続通信可能時間が9時間以上というのも魅力。
 
現在筆者が持っているnad11や、同じくNEC製のWX02と比べてサイズが大きい点が気になりますが、iphoneSEと変わらないサイズだと思えば、持ち歩き時も「もう一台スマホがある」と考えれば良いだけのこと。気にするほどではないでしょう。
 
W03、ユーザーレビューの評価の高さから考えても「押し」端末です。

2016年7月に販売されたファーウェイ製のW03。前モデルのW02と比べて3時間も電池の持ちが良くなり、ユーザーレビューも非常に高く「使ってみたい」と思う端末です。
 
液晶画面が大きくてタッチパネルの操作をしやすい点も評価されており、スマホにアプリを入れればスマホから操作が可能だという便利さにも惹かれます。鞄の中で見つけやすいビタミンカラーのオレンジ、無難でありながらシンプルでお洒落な白。あなたはどちらを選びますか?


モバイルルーターを申し込む前に

WiMAX2


モバイルルーターのキャリアの中でWiMAX2とワイモバイルはプロバイダによってキャンペーンや月額料金に差があります。

WiMAX2の場合は、キャッシュバックやタブレットが無料等、ワイモバイルは月額を大幅に落としているプロバイダがあります。

WiMAX2、ワイモバイルどちらを契約するにしても、申し込むプロバイダのキャンペーンを事前に確認しておくと、失敗が少ないでしょう。


WiMAX2のプロバイダキャンペーン一覧表
ワイモバイルのプロバイダキャンペーン一覧表

 

この記事に関連する記事一覧

WiMAX2のキャンペーン
WiMAX2
キャンペーン情報・申し込み方法の比較
モバイルwifiルーターの選び方
人気モバイルルーターのレビュー
モバイルwifiルーター・豆知識
モバイルルーターのキャリア紹介
uroad
WiMAXのキャンペーン情報・速報
カテゴリー