ポケットWiFi Pocket WiFi 305ZT

モバイルwifiルーターの比較・キャンペーンの選び方

モバイルルーターの端末の特徴、賢い使い方、キャンペーンの選び方などを経験談をまじえてまとめています。

ポケットWiFi Pocket WiFi 305ZT

読了までの目安時間:約 4分

Pocket WiFi 305ZTはY!モバイルから発売されているモバイルルータ製品です。
キャリアアグリゲーション対応で,最高165Mbpsでのデータ通信が可能になりました。
 
キャンペーン期間中に契約を行った場合、契約から24ヶ月間は月間の転送データ量の制限が事実上なくなる、ということで、大変話題になった機種です。
 
305ZTでは、今までのY!モバイルの回線に加えて、ソフトバンクのLTE回線にも対応するようになりました。
 
Pocket WiFi 305ZTのサイズは約117mm x 62mm x 13.9mm、重さは約150gとなっています。LAN側の無線LAN規格は、最新のIEEE802.11acにも対応。他の無線LAN機器やコードレス電話などの家電との干渉の少ない、5GHz帯を利用できます。
 
バッテリー容量は2700mAhで、連続使用時間は約9時間です。
 

Pocket WiFi 305ZTの特徴

高速通信

Pocket WiFi 305ZTではY!モバイルとソフトバンクの複数の携帯ネットワークを利用して、キャリアグリゲーション方式による最大165Mbpsの高速通信を実現しています。
 
最大165Mbpsでの通信が行えるエリアは、東名阪などの一部地域から順次拡大となる予定です。
 

キャンペーン期間中の契約では24ヶ月間通信データ量無制限

この機種最大のトピックはキャンペン期間中に契約を行うと、契約月を含む24ヶ月間は月々の転送データ量の制限が事実上なくなることです。
 
扱いとしては完全に無制限になると言うよりは、転送データ量の上限に達した際の「通信データ量の追加料金が無料になる」、というほうがより正しいかもしれません。
 
Yモバイルでは500MBずつ転送データ量の追加を行うことが出来ますが、この機種でキャンペーン中の契約を行った場合、転送データ量が月7GBを超えると、それ以降500MBごとに転送データ量追加の作業自体は発生します。
 
その代わり通信データ量の追加手続きを行っても余分の課金が発生しない、という形になります。
 

1GB/3日の転送データ量制限は存在

2015年4月以降、305ZTの無制限キャンペーンで契約をしても、3日間で1GB以上利用すると速度制限がかかる事が判明。
 
2015年4月以前に、速度制限一切なしで契約した人にも同じ制限が課せられたことから、契約違反と解約希望者が出たようです。http://smhn.info/201504-ymobile-unlimited-305zt
 

エリア

ソフトバンクのLTE回線にも対応するようになったため、それ以前のY!モバイルの端末よりも、安定して広いエリアでの通信が行えるようになりました。
 
接続を行う際に複数のネットワークが利用可能な場合、どのネットワークに接続されるかはPocket WiFi 305ZTが自動的に決定を行います。利用者が回線を選択することは出来なくなっています。
 

利用料金

端末代金を一括支払いとすると、端末代金は42,000円、月々の利用料金は2,241円となります。端末を24回分割払いとすると、月々の支払は合計で3,991円となります。


モバイルルーターを申し込む前に

WiMAX2


モバイルルーターのキャリアの中でWiMAX2とワイモバイルはプロバイダによってキャンペーンや月額料金に差があります。

WiMAX2の場合は、キャッシュバックやタブレットが無料等、ワイモバイルは月額を大幅に落としているプロバイダがあります。

WiMAX2、ワイモバイルどちらを契約するにしても、申し込むプロバイダのキャンペーンを事前に確認しておくと、失敗が少ないでしょう。


WiMAX2のプロバイダキャンペーン一覧表
ワイモバイルのプロバイダキャンペーン一覧表

 

この記事に関連する記事一覧

WiMAX2のキャンペーン
WiMAX2
キャンペーン情報・申し込み方法の比較
モバイルwifiルーターの選び方
人気モバイルルーターのレビュー
モバイルwifiルーター・豆知識
モバイルルーターのキャリア紹介
uroad
WiMAXのキャンペーン情報・速報
カテゴリー